内閣府に「仕事と生活の調和推進」サイトが立ち上がったって本当ですか?

未分類
10 /25 2022
本当です。

『国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たしながらも、家庭や地域生活などというさまざまな場において、また、子育て期や中高年期といった人生のさまざまな段階に応じて、多様な生き方が選択・実現できる社会』を実現するためには、各企業や働く人たちはもちろん、国や地方公共団体が連携し、社会全体で取り組んでいくことが欠かせません。
内閣府「仕事と生活の調和推進室」では、この取り組みを一層効果的に推進するため、「カエル!ジャパン」というキーワードの下、シンボルマーク・キャッチフレーズを作成し、集中キャンペーンを実施しています。

「カエル!ジャパン」キャンペーンではシンボルマーク等をダウンロードし、名刺やポスターなどに活用できる仕組みを作りました。
さあ、あなたも、『ひとつ「働き方」を変えてみよう!』を合言葉に、 「カエル!ジャパン」キャンペーンに参加してみませんか?

ワークライフバランスの実現に向けた心構えと実践

詳細については仕事と生活の調和推進室HPをご覧ください。

まつののまとめ
カエル!ジャパンでは10の実践が紹介されています。
1 会議のムダ取り
(会議の目的やゴールを明確にする。参加メンバーや開催時間を見直す。必ず結論を出す。)
2 社内資料の削減
(事前に社内資料の作成基準を明確にして、必要以上の資料の作成を抑制する。)
3 書類を整理整頓する
(キャビネットやデスクの整理整頓を行い、書類を探すための時間を削減する。)
4 標準化・マニュアル化
(「人に仕事がつく」スタイルを改め、業務を可能な限り標準化、マニュアル化する。)
5 労働時間を適切に管理
(上司は部下の仕事と労働時間を把握し、部下も仕事の進捗報告をしっかり行う。)
6 業務分担の適正化
(業務の流れを分析した上で、業務分担の適正化を図る。)
7 担当以外の業務を知る
(周りの人が担当している業務を知り、業務負荷が高いときに助け合える環境をつくる。)
8 スケジュールの共有化
(時間管理ツールを用いてスケジュールの共有を図り、お互いの業務効率化に協力する。)
9 「がんばるタイム」の設定
(自分の業務や職場内での議論、コミュニケーションに集中できる時間をつくる。)
10 仕事の効率化策の共有
(研修などを開催して、効率的な仕事の進め方を共有する。)

個人的にはがすぐできて効果が大きいのではないかと考えております。特にについては組織レベル・個人レベルで物理的な書類及びパソコン内のデータ整理を日課として取り組むことが重要です。
松野会計事務所では書類整理には↓↓↓↓↓↓をおすすめしています。ぜひ書類整理にご活用ください!

コメント

非公開コメント

松野会計事務所

茨城県常総市の松野会計事務所です。
↓↓↓松野会計twitterをフォロー


↓松野会計LINE公式アカウント↓

QRコードからお友達登録おねがいします。LINEからのお問い合わせに対応します!

松野会計事務所はfreee(クラウド会計)認定アドバイザーです。
松野会計事務所は平成28年10月7日に経営革新等支援機関(103808000103)に認定されました。
松野会計事務所は平成29年5月31日にいばらき女性活躍推進会議の会員(No.344)になりました。
松野会計事務所は一般事業主行動計画(女性活躍推進法)を策定しました。

〒303-0021
茨城県常総市水海道諏訪町3269-1(goolemap)
304茨城県常総市水海道諏訪町3269
TEL:0297-38-4517
FAX:0297-38-4518
MAIL:matsunokaikei@gmail.com
Twitter:@matsunokaikei

営業日:月曜日〜金曜日、土曜日不定休
2022年年間予定表(PDF)
営業時間:8:30〜17:30(12:00〜13:00昼休み)

代表:公認会計士・税理士松野浩之

クラウド会計ソフトfreeeフリー


□freeeをご利用のお客さま(令和4年1月現在)□
★法人のお客様15
★個人のお客様2


相続診断協会
松野会計事務所は相続診断協会の認定パートナー事務所です。相続診断士の見地から笑顔相続を全力で応援します!