freee会計にインボイス制度対応機能が実装されたって本当ですか?その3

ブログ
10 /25 2023
本当です。

令和5年10月1日よりインボイス制度が開始されたことに伴い、freee会計においてもインボイス制度対応機能が実装されました。本ブログにおいては以下のように3回に分けてfreee会計におけるインボイス制度対応機能を紹介したいと思います。
1 freee会計インボイス制度対応機能基本設定について
2 freee会計インボイス制度対応機能における取引登録の方法について
3 freee会計インボイス制度対応機能におけるおすすめの各種設定について


本日は
3 freee会計インボイス制度対応機能におけるおすすめの各種設定について
を紹介したいと思います。

※本ブログにおいては「課税事業者」かつ「インボイス登録あり」かつ「一般課税」の事業者を前提に説明します。


freee会計インボイス制度関連の詳細設定については以下のように設定することをおすすめします。
ステップ1:デフォルト設定→チェックがはいった状態
ステップ2:取引先情報の連携→連携する
ステップ3:メンテナンス→適格請求書等の項目を「該当しない」のみ「該当する」に一括更新
freeeデフォルト設定④



また、「取引先の設定」については、いったん全ての取引先を適格請求書発行事業者として一括登録し、適格請求書発行事業者でない取引先については個別にチェックを外していくという方法が効率的であると思います。そこで本日は「いったん全ての取引先を適格請求書発行事業者として一括登録」する方法を紹介したいと思います。

「いったん全ての取引先を適格請求書発行事業者として一括登録」する方法については以下の動画を作成しましたのでご覧下さい。一括登録にはfreee会計のエクスポート及びインポート機能を利用します。


なお、エクセル編集時に取引先の登録番号をエクセルAK列に入力することで、取引先の登録番号の登録も可能です。
CSVファイル保存の際には、「CSV UTF-8(コンマ区切り)」で保存することで文字化けを避けることができます。

まつののまとめ
登録番号の登録が必要となるのはあくまでも仕入れ先・経費の支払い先のみです。(売り先の登録番号の設定は不要です。)
仕入れ先・経費の支払い先が50社程度であれば上記のような適格請求書発行事業者一括変更という方法ではなく、個別に編集することで対応可能だと考えられますが、仕入れ先・経費の支払い先が50社を超えるような場合にはCSVインポートによる一括変更をおすすめします。

コメント

非公開コメント

松野会計事務所

茨城県常総市の松野会計事務所です。
↓↓↓松野会計twitterをフォロー


↓松野会計LINE公式アカウント↓

QRコードからお友達登録おねがいします。LINEからのお問い合わせに対応します!

松野会計事務所はfreee(クラウド会計)認定アドバイザーです。
松野会計事務所は平成28年10月7日に経営革新等支援機関(103808000103)に認定されました。
松野会計事務所はいばらき健康経営推進事業所(第139号)に認定されています。
松野会計事務所は平成29年5月31日にいばらき女性活躍推進会議の会員(No.344)になりました。
松野会計事務所は一般事業主行動計画(女性活躍推進法)を策定しました。
松野会計事務所はインボイス発行事業者(T7810562430140)です。

〒303-0021
茨城県常総市水海道諏訪町3269-1(goolemap)
304茨城県常総市水海道諏訪町3269
TEL:0297-38-4517
FAX:0297-38-4518
MAIL:matsunokaikei@gmail.com
Twitter:@matsunokaikei
LINE:@matsunokaikei

営業日:月曜日〜金曜日、土曜日不定休
2024年年間予定表(PDF)
営業時間:8:30〜17:30(12:00〜13:00昼休み)

代表:公認会計士・税理士松野浩之
常総市代表監査委員
常総市社会福祉協議会監事
クラウド会計ソフトfreeeフリー
松野会計事務所は2024年1月より4つ星認定アドバイザーになりました。

freeeをご利用のお客さま(令和6年1月現在)
★法人のお客様41
★個人のお客様6


相続診断協会
松野会計事務所は相続診断協会の認定パートナー事務所です。相続診断士の見地から笑顔相続を全力で応援します!